落とし穴が!賃貸物件を見学する際に注意しておきたい3つの事

室内の日当たりは良好か?

室内の日当たり具合をチェックするために、間取り図を見る事は一つの方法ですが、実は南向きの部屋であっても日が差さない部屋もある事があります。例えば物件の向かい側に高いビルが建っていたりすると、そのビルの陰になってしまい部屋に日が差し込んで来なくなります。そういった状態は見て確認する事しか出来ないため、実際に自分で足を運び、自分の目で見て確認するようにしましょう。実際に見学をする際には、窓から外を確認したりしてあらゆる方向に何があるのかを見ておくのがポイントです。

騒音はないか確認をしておこう!

マンションにおいて騒音のトラブルはとても多いため、しっかりと確認しておく必要があります。しかし騒音は実際に住んでみないと分からないケースが多いので、見学したからと言って全て分かるものではありません。そのためその物件をよく知っている不動産屋の人に聞いたりして、情報を手に入れておくようにしましょう。もし見学の際に隣の部屋が空き部屋なら、入らせてもらい携帯などの音を鳴らし、どれぐらいの音だと漏れるのかを確認しておくのも一つの方法です。

部屋の壁には落とし穴がある!?

部屋を見学した際にもう一つ確認しておきたい事は、部屋の壁紙です。壁紙をよく確認して、少しでも剥がれている部分がある場合は、結露が多い可能性があります。結露が多く出来る場合、部屋の断熱処理が十分にされていない可能性があるので、注意が必要です。その壁を確認する際に穴を発見した際には、写真を撮って自分が開けたものではない事を証明出来るようにしておきましょう。万が一退去する時に自分が開けた穴だと勘違いされたら、敷金を払わないといけなくなるためです。

札幌市白石区の賃貸の契約をスムーズに行うために、短期間のうちに魅力のある物件の見学会や説明会に出向くことが大事です。