アパート?マンション?賃貸選びはどっちがベター?

明確な定義があるわけではないアパートとマンション

集合住宅の形としてアパートとマンションがあります。賃貸選びをしているとどっちを選ぶと良いのかと悩むこともあるでしょう。しかし、気をつけておきたいのはアパートとマンションには明確な区別があるわけではないということです。不動産会社やオーナーがアパートと呼ぶかマンションと呼ぶかで決まってしまいます。概してアパートの方が小さく、マンションの方がつくりがしっかりとしている印象はあるでしょう。その境界線は明確ではないのです。

マンションを選んでおくメリット

賃貸選びでアパートとマンションで悩んだらマンションを選ぶ方がメリットが大きいと考えられることが多いでしょう。基本的にはつくりがしっかりとしていて耐震性が高く、耐火性などにも優れています。防犯設備も整っていて、部屋の中の住宅設備も充実していることが多いのがマンションです。ただし、マンションであっても全てに該当するわけではありません。個々の物件を見てみるとアパートの方が優れている場合もあるので注意しましょう。

家賃の安さならアパート

アパートとマンションで違いが出ることが多いのは家賃です。アパートの方が低層でつくりもしっかりとしていないことが多く、全体として見れば築年数も古い場合が大半となっています。そのため、全体的な傾向として同じような立地条件や間取りであればアパートの方が家賃が安い傾向があるのです。毎月の出費を少しでも抑えたいという気持ちがあるならまずはアパートから見始めて候補にできるものを探し、マンションと比較してみると良いでしょう。

賃貸とは賃料をとって物を相手方に貸すことです。駐車場やマンション、アパート等が代表です。大抵は1か月につきいくらという具合です。